長岡行政書士事務所監修

お悩み解決小噺ARTICLES

追憶(墓じまい) 

2021.06.14
墓じまい

こんにちは。お久しぶりです。梁瀬です。

今日は、朝からはっきりしない天気で蒸し暑いですね。

私もスーツのジャケットを着たり脱いだりと水分をこまめにとり

どことなくせわしない状態でした。

皆さまもお体にお気をつけて十分水分を取られて下さいね。

 

さて、先日所長に同行し改葬のお手伝いを初めて行いました。

遺骨のあるお寺での出骨作業(閉眼供養(*1))・出骨及びお墓撤去の為の石材店の方とのやりとり・現在の墓地から遠方の改葬先墓地へのご遺骨の移送業務・改葬先のお寺にてご住職へご遺骨や改葬書類お渡し・改葬前及び後のお寺でそれぞれお待ち下さるご親族の方々とご遺骨のご対面 

という一連の流れを半日かけて行いました。

もちろん、この半日の「改葬」を行うまでには、それぞれの場面で交渉や調査・行政書類作成をご依頼主様に代わり綿密に行っており、相当な時間をかけております。

「改葬」にかかる時間・労力は大変なものだなぁと実感致しました。

 

しかし、ただ大変な印象だけでなく、ご親族の方々とのお話の中で、子供の頃に祖先の眠る境内で遊んだ記憶や親せきとの記憶、故人への想いを

伺う機会もありました。とても素敵な思い出でした。

「改葬」とは単に故人のお墓を移すことではなく、今を生きる人にとっての大事な記憶=宝物にも触れ、明日からまた頑張ろうとする気持ちを

陰ながら応援する事でもあるのかな、と感じた日でした。

 

梁瀬

 

【脚注】

(*1)お墓には仏様の力が宿ると考えられており、お墓をただの石にするために「閉眼供養」を行います。閉眼供養は僧侶の読経が必要です。

 

PS.森さんへ

お酒は・・・家庭では昔から一切飲まないので詳しくはありません(ToT)。学生時代はビアガーデンや居酒屋等でビールやコールかけの飲みが多く、

社会人の業務でもたいてい「では駆けつけ1杯!」と生ビールから始まりましたが、ビールも別に好きでもなく。日本酒や地酒を業務付き合いで飲みましたが、そこまででもなく。。独り暮らしの社会人時代は、当時の趣味の先輩達の間でワイン流行りで、勉強のためにワイン買って飲んでいましたが、特段好きでもなく・・・。かわいらしく適当なカクテルしか本当のところは美味しく感じてないかも。。

全く参考にならず申し訳ありません。ジュースでコーディアルフラワー (といったかな)は美味と思いました。。。。

 

この記事の執筆者

お問い合わせCONTACT

まずはどんなことでもお気軽にお問い合わせください。
お急ぎの場合はお電話でご連絡ください。

お悩みの方は今すぐこちら

Tel.

受付時間 9:00〜21:00
定休日なし(土日のご相談は予約のみ)

お問い合わせフォーム365日24時間受付
LINEでお問い合わせQRコードでお友だちを追加